自己破産の手続きまで裁判というような法の行動は許されます。また破産の正式手続きに入ったあと実行までに無駄な時間が費やされたケースでは債権人から提訴される危険性が増加します。債権者サイドにとっては債権の返済もされないまま、加えて自己破産のような法律の作業もなされないといった状態であると団体内部で対処を実行することができないせいです。要するに係争が終わってどんな決定がおりようが自己破産の申請者にお金を完済する力はありません。業者も把握の上で、訴訟のような強行なやり方で、和解決着にし完済させるとか当人の父母や血族に返済させることを目的にしている際も見られます。(注意)2005年の1月1日に改正となった新しい破産に関する法律においては破産申請をした後は差し押さえのような法律上の手続きは効果を失うことになったのです。従来の破産法の場合と別で裁判などといったことをしても無駄に終わると推測されるとして実際、訴えをしようとする取立人は存在しなくなると予想します。そういう側面でも、西暦2005年1月1日に改正となって破産申請は過去と比べると用いやすくなったと考えられます。督促のケースについてですが、支払督促と呼ばれているのは法律が負債者に対し債務の返却を行えという通知です。普通の提訴をするケースとは別で、取り立て屋の一方通行な意見だけを受けて行うため普通な審理のように期間と裁判料がかからないので、よく使う法的な手段です。裁判所の督促の請求がなされた場合、裁判所からの手紙が送付されることになり、通知が配達されてから14日間が経過した時、取り立て屋は債務者の財(給与債権などを含んで)に対して差押えが実行可能になってしまうのです。支払督促に対抗して異議の申し立てをすることができるなら、一般の訴訟に変化することになると思われます。※普通の法廷闘争は長期にわたりがちですから、免責が出るまでには裁定がおりない可能性が高くなってしまいます。