自己破産申請までの時間は裁判などといった法による行動は承認されます。そして破産申請の正式手続きに入ってから申請までに手数がかかってしまった場合には債権者によって訴えられるリスクが高くなります。債権保有人サイドとしては債務の返納もされずに、加えて自己破産といった作業もなされないといった状態であれば会社の中での終了処理を行うことが不可能だからです。結局のところ、審判が終わりどういう判定がおりるとしても破産手続きの申立者に借りたお金を支払う能力はないわけです。債権人もそういったことは納得していて、訴訟提起のような強引なやり方で、上手に和解に進めて本人の父母や血縁者に肩代わりしてもらうということを期待している場面も存在します。(注)西暦2005年1月1日に改正の新しい破産法にもとづき自己破産申請をしたならば差し押さえなどといった法的な要請については効果を失うことになります。ですので、古い破産法の際と違い訴訟行為などということをしようとも無駄になると考えられるということで、現実に訴えをしたがる債権者はほとんど消えてなくなると思われます。そういうふうな意味合いでも平成17年からに改正されて破産は過去と比較して用いやすくなったと思われます。支払いの督促の際ですが、支払督促と呼ばれているのは司法が負債者にあてて債務の返金をするようにという要求です。普通な提訴をする流れとは異なって取り立て屋の独善的な主張を受けて進められるため普通な裁判のように日にちと費用がかさまないのでよく利用する手段です。裁判所に対しての督促の申請があったら裁判所による知らせが届くことになりその文書が送られてから14日以上が経過した場合業者は債務人の資金(給与債権を対象として)に関し差押え要請が実行できるようになってしまいます。支払督促に向かって異議の申し立てを提出することができればオーソドックスな審理に移ることになるのが普通です。普通な訴訟は時間がかかりますので免責がもらえるまでには判決内容が分からない可能性が濃厚になることに注意です。