ローンキャッシングしたケースは、支払う時には利率を乗せた返済になるのは周知の事実です。ローン会社は営利を目的とした会社なのですから必然です。とは言っても支払う方は、1円でも少なく払いたいと考えるのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が設けられる以前は30%近い利子を支払っていましたが、設けられてからは高額でも年率18%位と随分低く設けられているので、相当お得になったようです。現在のローンの利息枠は4%位から18%位の範囲に定められていて、利用上限額により決められます。利用上限額は申請者の信用によって決まります。総量制限により年の収入の1/3までと指定されいますので、年の収入がどの程度なのか?どんな職についているのか?クレジットの利用状態はどうなのか?などが見られ与信金額としてカードの内容が決まります。カードを使ったキャッシングの場合利用できる金額が10万円〜800万円(各会社で利用可能額は一様ではありません)と広い幅があります。こうしてその範囲の中で決定した利用できる金額により利息も決まってしまいます。50万円なら年18%、300万円なら年率12%、800万円なら年率4%といった流れになるのです。結局、信用度が良ければ、与信限度額も多くなり、利息も下がります。この金利に疑問を覚えるのは自分だけでしょうか?余談になりますが、カード業者にとって、これらは当たり前のはずですが、年の収入の良い人がキャッシングが不可欠とは思えませんし、もしキャッシングした場合でも利息が良かろうが悪かろうが返済に悩む事はないのです。逆に年の収入の低い人は直ちにお金が必要だから借り入れを行うという人が大抵です。利子が良くないとお金の支払いに困るなるはずです。ですので利用可能枠の低い人にこそ低金利で使えるようにするべきなのではないでしょうか。これらは活用する自分が置かれている立場としての考えではあります。この事実を踏まえて、金利を少なくする為にはどうすれば良いのか何となく感じたはずです。現実、このようにして申し出をする人が多いので知らせますと、クレジットカードの手続きをする際に、収入の1/3ぎりぎりいっぱいで申込みの手続きをするのです。年収450万円なら150万円。年収900万円なら300万円でそのカードローン審査で全金額通ればそれだけ利息が低いキャッシングできるカードを手に入れることができるはずです。であっても全額キャッシングしなければいけないわけでもないのです。1万円でも20万円でも必要な額だけ利用ができます。そして利用限度可能金額が300万円で最低金利年間7%位の金融会社もあるのです。その業者に手続きを申し込めばその業者の最低金利で使用できるようになります。どう思いましたか?やり方次第で低利率のキャッシングできるカードを手にすることが出来るはずです。自分自身の年収と金融会社の利率を比較し、検討する事さえ怠らなければ、より有利な条件で返済ができるのですから、面倒だと思わずチェックするようにしましょう。