一般的に、クレジットカードの上限金額が自分が通常使用するよりゆるく設定していると私たちは安心だと思い違いをして無駄にクレカを使用してしまったりするようですね。このようなクレジットカード乱用を抑制するために決済できる上限額をできれば低めに設定しておこう・・・というお勧めが、この文章のメインとなる考え方です。月の利用限度額を引き下げる方法□クレカの月の利用限度額を下げておく方法は月の限度額を引き上げることと同じくいたってシンプルです。お手元のカードの裏側に記されているサポート番号に連絡して「月の限度額を減らしたいです」と担当者にはお願いするだけです。一般には今現在のカードの限度額に比べ低ければ、時間を要する調査もなくそのまま申請が可能となります。月ごとの限度額を少なくしておくのは危険を避けることとも結びつく◇限度額引き下げは自己抑制等の効果だけでなく危険を避けることにも影響します。クレカが紛失等により偽造されたような状況でも普段からカードの上限を少なく申請しておくなら危険を可能な限り最小限にすることが可能なためです。強調しておきたいのはもしクレカが勝手に使用されるようなことになったような状況でもクレジットカードのユーザーに重大な違反が確認できない限り、盗難保険という名前のものが使用者をフォローしてくれることになるから余計な心配は必要ないのですが万が一のことを念頭に置いて必要のない上限はセーブしておくなら安心でしょう。使い切らない余裕は百害あって一利なし・・・なんです。